クレジットカードの審査に落ちる理由は?

クレジットカード審査に落ちた場合、収入が低かったとか、無職であるとか思いあたる理由がないことがあります。
これは、①申込書の不備や、虚偽:収入や職業など個人的なことを記入しなければいけませんが、省略していたり、事実と違う記載があると審査落ちしてしまいます。
②1年以内の引っ越しや転職:信用調査のマイナススコアになることがあります。
③金融事故:悪質な料金滞納でも引っかかることがあります。
クレジットカードを作る時には、カードの審査基準をあらかじめリサーチして、属性(職業、年収、住宅などの条件)に高水準を求められない一般的なクレジットカードを選ぶのがおすすめです。
実績を積むことで評価が上がって、利用枠の増額も出来るようになります。