看護師の仕事は大変?

当然の事ですが、看護師の仕事というのは、医療の現場では大事な職務といえます。
日々、厳粛な現場で働いていると、過剰な精神的ストレスに見舞われることもあります。
看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、緊張感に晒されることもたくさんあり、ストレスをなんとか消化させる工夫も必要でしょう。
日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護師が引っ越しのため、やむなく転職するケースでは、よく知らない場所での転職先探しは大変苦労します。
職場環境、現地での評価などを己の力で、全部調べるのは難しいと思います。
近くの市町村で探す場合でも、期待に沿う転職先を探すと、想像以上に求人情報が少ないことに、愕然とすることもよくあります。
医療機関で働く看護師は、シフトは様々です。
ですから、安定してお休みが取れないといった難題があるでしょう。
看護師というのは医療機関にとって欠かせない存在ですが、働く立場とっては悪いと言わざるを得ない職場であるケースが少なくありません。
看護師は非正規雇用としてパートやアルバイトで働くこともあります。
その際、重要度が高いのが1時間あたりの給与ではないでしょうか。
正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は給与額に恵まれないこともありますから、やはり、時給くらいは高くないと労働意欲が下がります。
なるだけ、時給は高いほうがいいものです。

看護師転職の悩みにはどんなものがある?